くるりんご! Rotating Header Image

【HUAWEI P9編】モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング参加レポート


12月16日に福岡で開催されたファーウェイ・ジャパン主催による
HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016
「モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング」に、ブロガー枠で参加しました。
司会者は沖縄をメインにラジオやイベント等で活躍しており、ガジェット界隈でも有名なモバイルプリンス(島袋コウ氏)。
その他にはモバイル情報を扱うサイト「GAPSIS」編集長の長田氏、ファーウェイ・ジャパン製品の担当者が登壇しています。
同イベントは名古屋、東京、大阪で既に開催されており、参加者によるイベントのリポートやファーウェイ製品の魅力をまとめた記事が、取り上げられています。
当ブログでも、同イベントの記事を発信していきます。

イベント内容は下記の通りです。

——————————
司会進行:モバイルプリンス
1)SIMフリースマートフォン「HUAWEI P9」紹介
ファーウェイ・ジャパン担当者
HUAWEI P9 製品情報

2)2 in 1 PC 「MateBook」紹介
ファーウェイ・ジャパン担当者
MateBook 製品情報

3)売れてるツカエルHUAWEI P9とMateBook トークセッション
モバイルプリンス
Android総合情報サイト GAPSIS 編集長 長田卓也 氏

4)タッチアンドトライおよび質疑応答
——————————

1回目の今回はイベント内容からHUAWEI P9の話について触れたいと思います。

私の愛用端末である、iPhone6s Plusとの比較をしていきます。
P9は5.2インチの大きめのディスプレイ搭載にも関わらず、非常にコンパクトな印象を持ちました。それはP9が狭額縁設計になっているからです。
男性より手の小さい女性でも、持ちやすいと思います。
img_0597
6sPlusは5.5インチですが、画面サイズは大差無い感じでコンパクトな分、持ちやすくベゼルも小さいので片手操作も充分に可能でした。

イベントではカメラ性能を中心にプレゼンが行われていました。

digdig

dig

ファーウェイ・ジャパン担当者やモバイルプリンスや長田さん達による紹介で印象に残っている説明は下記の通りです。

プロモードで綺麗に月が取れる、
出っ張りが無いからガラス窓に押し付けて撮影も可能。
(出っ張りがあるiPhoneでは出来ない。)
プロモードの撮影が詳細に設定を詰める事が出来る。
撮影したのをボヤかすのも後から出来る
逆にボカして撮影したのを後から鮮明にも出来る。

実際、2つの1200万画素/1.25µmピクセルサイズのイメージセンサーを搭載したカメラ性能は素晴らしくライカの協力を得て開発された画質調整のアルゴリズムも加えて、普段iPhoneで撮影している私が唸るほど実に満足出来る綺麗な画像が撮れました。

img_1196
モノクロも実に綺麗でこれはカメラ性能要因よりも画質調整のなせる技だと感心しました。
あとカメラの出っ張りが無い点は、iPhone使いにとっては一番不満箇所なので実に羨ましい。

因みにiPhone6s Plusとの比較です。
ロゴが無いのは6s Plusでの撮影になります。


cof
cof
img_0603img_0602

画像の編集機能も秀逸で撮影後にボカし調整出来るのも実に良く、これは凄い端末に対して安心感と信頼感に繋がる良い機能だと思います。

あと撮影機能が優れているのは重要で端末を人に薦める場合に、何を褒めたら良いかとしたら撮影性能と思いますし、一般の人の多くはバッテリー性能と合わせて重視する機能だと思います。
販売戦略としては実に良い選択だと思いました。

カメラ性能以外だと背面にある指紋センサーによるアプリ操作の解説が興味深かったです。
指紋センサー長押しで、写真/動画撮影、電話に出る、アラーム停止。
スライドジェスチャーで通知パネル表示、表示した写真の切り替え。
等々、iPhoneでは出来ない芸当ばかりで羨ましい限りでした。

あとファーウェイ独自のEMUI(Emotion UI) 4.1がのナックルジェスチャー便利でした。

img_1195
文字では伝わりにくいので下記のリンク先にある動画を見ていただくと伝わるかと。

指の関節でダブルタップや文字を描く、HUAWEI P9のナックルジェスチャーが地味に便利 – Dream Seed

あとカバー以外の画像は撮り損ねましたが、同梱品も充実しています。
純正クリアカバーやMicroUSB変換コネクタ付きのUSB-Cケーブルもありお得感があります。
まだまだUSB-Cは普及していないのでMicroUSB変換コネクタはありがたいですね。

cof

cof

以上ですが、デレステも3Dで問題無く動くスペック(超重要)で税込5万台で買える手頃さ、有能過ぎるカメラ性能と普段iPhone使いの身ですが充分に人にお薦め出来る端末ですので、Androidスマホを検討している方は如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です